CACIO コンパニオン・アニマル国際機構

〒162-0042 東京都新宿区早稲田町83 SOビルB1F 

TEL03-6233-7746

​最新情報はFBページよりご覧ください

© 2019 by Companion Animal Care International Organization Programs. Proudly created

CACIO コンパニオンアニマルケア国際機構ジャパンは、世界中の愛玩動物たちのQOL向上のために活動する様々な組織団体の国際的なアライアンスです。 

Vol.2   saito asumi

インクラウド株式会社代表。東京23区出張ペットシッター・トゥトゥサービス主宰。

【資格】●(一社)日本ペットマッサージ協会認定ペットマッサージセラピスト●(特非)日本ペットシッター協会認定ペットシッター士●日本エージングルーミング協会協議員 他 

保護動物達との出会い、
そして IT業界から
ペットシッターへ転身

 大学卒業後IT企業に勤めていた私は、幼少より大好きだった"動物と関わりたい"という思いが抑えられず、退職し保護動物達のボランティアスタッフとしての生活を始めます。

 一時預かりの母として一緒に暮らす保護犬達、シェルターの動物達のお世話をする中、ご飯もお水ももらえない、屋根も無く困っている動物達が溢れている一方で、動物と一緒に暮らしたくても、留守時間や散歩回数などの条件が満たせない理由で叶わぬ人もまた沢山いることを知りました。
"ほんの少し誰かのサポートがあれば、幸せになれる動物も人ももっと増えるんじゃないか" 
この時感じた思いが、ペットシッターという仕事を志すきっかけとなりました。

アメリカで学んだペットライフ

 その後、大手ペットシッター店勤務を経て、『ペットシッター・トゥトゥサービス』を立ち上げます。
 まだ開業間もない頃、お客様のご紹介によりニューヨークのとあるペットシッター店を手伝わせてもらった事で、ペットシッターに感じていた可能性が確信へと変わりました。
 超高層マンションの1階から最上階まで、1日かけて留守にしている各顧客の犬を散歩させて回るニューヨークのシッター達の姿を見て、ペットシッターというサービスがアメリカでは深く根付いている事、また、共働きが一般的とされる多忙なニューヨーカーと沢山の動物達が生活を共にできる理由を理解したのでした。

人と動物が一緒に暮らす手伝いがしたい
日本をさらなるペット先進国へ

 現在、スタッフと共に年間3000頭以上のペット達のお世話をさせて頂く中、
「仕事で家を空ける事に罪悪感を感じる」「ペットが可哀想で旅行に行けない」 
そんな飼い主様の声を聞く度に、"人と動物が一緒に暮らす手伝いがしたい"という思いはより一層強くなっていきます。
 
日本ではまだまだ認知度の低いペットシッターサービスですが、もしペットを残して外出しなければならなくなった時、「ペットホテル」「動物病院」「友人に預ける」など様々な選択肢がある中で、ペットの個の性質や性格に寄り添った選択の一つとして、もっと多くの飼い主様に知ってもらえたら嬉しいです。

ペットシッター・トゥトゥサービス  

HP  https://www.toutouservice.com/

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
CACIOへの講師派遣、雑誌・TV・Web等メディア取材は、
こちらのフォームより承っております。